あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

S先生の話

彼が三週間ぶりにくれたメールは、とっても長くていろんな事をいっぱい書いてきてくれた。彼全開の小難しいメールだったんだけど、それが嬉しくて、何度も読み返してる。


先週、私から彼に送った一番直近のメールに、高校時代の化学のS先生の話について、あれこれ書いた。


「この前、Facebookを通じて、高校で化学を教えていただいたS先生を囲む会というのを開催すると知りました。1年下のメンバーが幹事で、参加者もほとんど1年下の子たちなんですが、私たちの学年も2名は参加するみたいで。
私は日程の都合上、参加できないのですが、幹事の子にメールして、S先生のメルアドを教えていただき、先生にメールしたんです。S先生覚えててくれるかな?でも、、どうだろう、、と思いつつメールしたんですけど。ソッコーお返事くださって、しかもとってもよく覚えててくれて、大感激でした。」
「貴方もS先生の事覚えてるでしょ?懐かしいよね。高校1年の時、一緒に化学、習ったよね。」


と書いたら、彼からの返事には、S先生の事がいっぱい書かれてて。


「S先生には、僕は2年生の時にもお世話になりました。色々思い出しますが、特に印象に残ってるのは、アルカリ金属の水との反応の実験ですね。」


「後は、あれです、水が上から凍るのはなぜか? って試験問題を出された時のこと。授業中、「魚が困るからや」とか仰ってて、それをそのまま、答案に書いた人がいて、先生、試験後の授業で、自分の発言を確認して、正解になさいました(いや、「魚が困る」発言のすぐ後に、立体的に結晶を作っていくんだって、説明はありましたよ、勿論)。」


 「先生には、科学的方法というものを教えて頂いたと、今も思っておりますし、学生時代には、先生が化学の道に入るきっかけと仰っていた、ワトソンの「二重らせん」を古本屋で入手したりしました。長らく絶版でしたが、現在は、ブルーバックスにあるみたいですね。」


他にもS先生の実験について、彼が覚えてる事をすご~く詳しく書いてくれてて、、。
私よりよっぽどS先生の事覚えてるやん、、ってちょっとビックリ。
しかも、彼もS先生ファンだったなんて、知らなかった。


彼が、高校時代の私の事、ものすごく細かく覚えてくれてて、かなり感激して嬉しかったんだけど。やっぱり彼ってめちゃめちゃ記憶力が良いんだな、、って今回のメールでよくわかった。S先生の事もものすごくよく覚えてる。
な~んだ、私の事だけよく覚えてくれてるんじゃないんだ、、ってちょっとガッカリだったんだけど。笑


化学のS先生。
ちょうど大学を卒業したばっかりで私たちの高校に赴任されて。まだ若かったから、兄貴的存在で、みんなから慕われていた。
私たちの高校にいらしたのはたった3年くらいだったけれど、みんなの印象にものすごく残ってる先生だった。


その後、紆余曲折を経て、頑張って大学に戻られて教授になられたS先生。
私も囲む会に行きたかったけど、今回はお会いできなくて残念だった。
40年近くも前の生徒だった私の事、よく覚えててくださって、その時話した事も覚えててくださってとっても嬉しかったんだけど。
彼もそんなにS先生の影響を受けていたとは知らなかったなあ。
なんだかちょっと不思議なような、嬉しいような。


いつか一緒にS先生に会いに行けたら良いね、、って。
彼にそんなメールを書いた私です。