あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

8月の逢瀬を終えて


彼と改札口で別れて。とってもとっても楽しみにしていた逢瀬がとうとう終わっちゃった。もうそれが悲しくて切なくて。
電車の窓から外を見ながら、なんだか涙が止まらない。


お友達とチャットして。少し心を落ち着けて。でもやっぱりどうしても涙が出ちゃう。
実家までの道のりの間になんとか心を平穏に戻して、普通の顔して家に戻らなくては。
そのためにも、電車とバスを乗り継ぐ時間は貴重だった。


そして、その中で、慌てて彼に携帯からメールした。
お礼を言いたかったのと、それから、どうしても私の言った余計な一言について弁解したくて。


「今日はあちこち連れて行って下さって、長距離ドライブして下さって本当にありがとうございました。
とても嬉しかったです。めちゃめちゃ楽しかったです。お昼もご馳走さまでした。ありがとうございました。
お疲れになりませんでしたか?
いろいろ本当に楽しくて、あっと言う間でした。楽しい時間はあっという間ですね。
おかげさまでこれからも頑張れそうです。またこれからも付き合って下さると嬉しいです。
誤解されたら嫌なので一応説明しますが、M君と映画に行ったのはそれ一回だけで、その後は何もありません。(別に気にしないでしょうけど、念のため。出かけたりするのは貴方だけですから。)
今日は本当にありがとうございました。」


こんなメールを携帯から彼に送った。
どうしても言い訳したくて。彼は、私の事なんか、ただの友達としか思ってないし、だから私がM君と映画に行こうが何しようが気にしたりしないだろうけど。
ただ、私にとって、彼は本当に特別な存在なので。それだけはわかってほしくて、わざわざ言い訳書いちゃった。私って、本当、バカだよね。


電車の中では、iPodで、つい最近買ったばかりのMISIAのアルバムを聴いていた。

MISIA SOUL JAZZ SESSION
MISIA SOUL JAZZ SESSION
アリオラジャパン
2017-07-26
ミュージック

ちょうど「I'ts just love」を聴いて、自分の今の気持ちにぴったりはまって、また泣きそうになってしまった。


何気ない一言に傷つき 気がついた

笑顔で隠せないほど もう始まっていた恋

It's just love 自分にさえ It's just love 嘘をついて

戸惑い とめどなく涙に流されて

今はまだ答え探してる


逢いたい夜を情熱にして 逢えない夜も越えてゆきたい

私らしく笑える事も  私らしく涙する事も

すべて貴方につながるから

I'ts just love. まさに私の気持ち。ただ、恋、なんだなあ。
ダメ、、せっかく乾かそうとした涙がまたあふれちゃう。
さっき改札口で別れたばかりなのに、もう逢いたい。逢いたくてたまらないよ、、。


夜、実家で、彼と一緒に買った鰻のしぐれ煮を母と一緒に食べた。
「スーパーの鰻と全然味が違うね!どこで買ったの?」と母がとっても喜んでくれたけど、私はそれを大事にかみしめながら、彼の事を想ってた。
彼も今頃、これ、食べてるかなあ、、って。


夜、もう1回彼に短いメールを書いた。
「今日は晩御飯に、鰻のしぐれ煮を母と一緒にいただきました。とても美味しかったです。とても美味しい鰻の味わいで、母も喜んでました。
美味しいお店に連れて行って下さってありがとうございました。」


そうしたら、珍しく彼からすぐに返信メールがきた。


「鰻のしぐれ煮、美味しかったですね。家でも、食べたんですが、全部出すと、親父が食べつくしてしまうってんで、今夜は、一切れずつ、残りは、また明日、って、お袋。親父は、久しぶりやなぁ~と言いつつ、一切れ。しっかり味わって、明日は、二切れ食べさせてくれ、ってのが、僕。」


なんとなく、彼の家の食卓の、微笑ましい様子が思い浮かんで、ちょっと笑っちゃった。


その後、サラッと彼の夕食の様子とか、ワインの事とか書いてくれてた。ランチタイムにも彼といろいろ好きなワインの話とかしたので。ワインをどこで買う?とかどんな品種が好き?とか。
今日飲んだワインの事も書いていてくれた。


M君の事を書いたメールの事はスルーしてくれた。
それが彼の優しさだなあ、、ってわかって。
なんだかホッとして、その日はよく眠れた。


彼との楽しみな逢瀬が終わっちゃって、心は空っぽ状態だけど、またちょっとずつ彼への想いで満たしていこう。
楽しかった逢瀬の想い出を胸に抱いて。