あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

2月の逢瀬①待ち合わせ

半年ぶりに彼に逢えました!!
彼に逢えるなんて、半年に1回がせいぜいなので、ちょっと細かく記録しておきたくて。
また、自己満足で長々と書き綴っちゃうと思います。
適当にはしょって読んでくだされば、嬉しいです。


週末。
まずは実家での用事をこなさねばならなくて。
特急電車で私の住む街から実家の街へと移動した。
途中、私の実家の街の手前で、彼の住んでいる県を通り過ぎるんだけれど。
北部はすごい雪が積もっていた。あちこち真っ白。まさに、トンネルを抜けるとそこは雪国だった、、、って。そんな感じ。


でも、彼の住む、もう少し南の方へ近づいてくるとだいぶん様子が変わって。雪が積もっていないし、天気も晴れている。
「逢瀬の日は大丈夫かなあ、、。」と思いながら、車窓を眺めていた。


実家での用事が無事に終わり、彼にメールした。
「そちらのお天気はどうでしょう?明日は雪が降っちゃうかなあ。」と。


彼からのお返事。
「今日は、こちら、陽も差す曇り空と言ったところ。気象庁のサイトを見る限り、明日も、多分、こんな感じではないかな、と思います。
 では、明日。K駅で、いいんでしょうか? O駅でもいいですよ。雪の心配はなさそうですから、車で、お迎えに上がりましょう。」


わああい。車で迎えに来てくれるのね。しかも、徒歩で行けるK駅よりも、こちら寄りの駅まで迎えに来てくれるなんて、嬉しい。それだけ彼と長く一緒にいられるもん。
雪道で、手つなぎチャレンジ、、はできないけど。


でも、ドライブデートで二人の空間を楽しめるのも楽しいし。
運転してくれる彼を見れるのもすごく楽しみ。


そんな訳で、彼にはO駅まで来てくれる?ってメールした。


すぐに返事が届いて。
「了解です。O駅には、10:55着ですね。前回同様に、お待ちしてます。ただ、うっかり乗り越さないように。O駅を外すと、次は、H駅ですから。」
「雪の心配は無さそうですけど、ちょっと、寒いかもしれません。風は、まだ、冷たいので、御気を付けて。」
と彼。


わああい。明日はいよいよ彼に逢える!ドキドキ。
いい年して、こんなにドキドキして、眠れないなんて、、本当に私ってバカだよね。


いよいよ、逢瀬当日。
O駅で降りて、改札口を出て、駅のロータリーまで出て。キョロキョロ彼の車を探したら、ちょうど彼が車で来てくれた。
手を振って彼の車に駆け寄ったら、すぐに彼がドアを開けてくれた。
そこから、楽しい1日が始まった!


②に続きます~。