あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

'18年8月の逢瀬⑥

彼とOT駅で別れて。
なんとか無事に電車にギリ間に合って。
お土産買う時間はなかったけれど、どうにか特急電車にも間に合った


特急電車に乗って、旦那に連絡し、実家の母にも連絡して。


それから、彼にお礼メールを書いた。


「めちゃめちゃ楽しかったです!ありがとうございました!
すごい登山に付き合わせ、無理やりサンドイッチをいっぱい食べさせて、すみませんでした。
最後はハラハラさせちゃいましたね。
なんとか電車に間に合い、特急電車にも間に合いました。慌てさせてしまって申し訳なかったです。
でも楽しかったです。本当に。
明日は足が筋肉痛で笑うかも。笑
来月もまたお会い出来るかと思うとすごーく楽しみです!
本当にありがとうございました。楽しい余韻に浸っています。
貴方もお疲れ出ませんように。」と。


彼、やっぱり気にしてたのかな?
いつもは逢瀬のお礼メールを書いても、お返事はだいたいその日の夜か翌日くらいにくれるんだけど。今回はソッコー返事が返ってきた。


「間に合って、ほんにようございました。
 家に帰って、TK観音、行ってきた、と言ったら、“こんなとこ連れて来て! もう、あんたとは二度と行かへん! とか言われてまうよ”って返されまして。うん、そやね、失敗やったかね。


> でも楽しかったです。本当に。
 であるなら、僕としても、嬉しい限りです。出来るだけ、明日は、ゆっくりお休みになれますように。」


このメール、読んで本当に笑っちゃった。そして、その後とってもとっても嬉しくて、幸せな気持ちが広がってきて。
このメールをもらえた事が、今回最高の出来事だったかも。


彼、家でお母さんにちゃんとことわって、出かけてきたのね。
そして、帰ってTK観音に行ったことをちゃんと報告したんだ。


お母様は、既婚者の私が時々彼に会いに来る事をどう思っておられるのかわからないけれど。でも、一応彼は私の事を、良いお友達、として話してくれてるのかな?


彼は、お母様に、「あんな大変な山道のところに連れて行って。もう来てもらえないわよ。」なんて言われちゃったのかあ。
で、彼、失敗だったかな?なんてちょっと気にしてるのね。


という事は。
やっぱり彼は私に来てほしいんだ。
「もう行かない」って言われたくないのね。
この文面、そういう風に受け取れるんだけど、、私の都合の良い解釈かしら?


何度も何度も読み返して。


でもやっぱり。
彼は私に、また来て欲しい、って思ってるのかな?
そんな風に受け取れる。
だとしたら、、こんなに嬉しい事はない。
もうそれで十分すぎるくらい幸せ。


翌日。地元に戻った私は、彼にまたメールを書いて。
失敗なんてとんでもない。すごく楽しかったよ。って書いた。


彼からはまたすぐに返事がきて。
「TK観音は、余計でしたかね、やっぱり。下山にかかる時間も、読み違えちゃったし。おみやげ、買えなかったんじゃないかなって。こっちは、半田素麺、美味しく頂いてるのに。」
なんて書いてあった。


彼がこんなにクヨクヨしてるなんて。すごく意外。
やっぱり、私がものすごく逢瀬を楽しみにしているように。
彼は彼で、いろいろ計画を練って、私を連れて行くコースを考えてくれてるんだなあ、、ってしみじみ思えた。
それだけで、私は十分すぎるほど幸せだ。


彼と私。
全くもって、全然、男女の関係ではないのだけれど。
でも、なんとなく、もう、そうじゃなくても良いかあ、、って思えてくるくらい。
今回心の距離を近くに感じた。
心友、盟友と言っていいくらい?
だから、、まあいいや。焦らずに。


それでもいつか、ちょっとくらいは「好き」って思ってもらえるといいな。
そんな関係を目指して。
また、次の逢瀬、頑張ろう。
なんてったって、次はまた来月なんだもん。
そう思うだけで元気が出てくる。


こんなだらだらと長い、細かい、逢瀬の記録にお付き合いくださいまして、どうもありがとうございました。


結局また、手さえ握れずに戻ってきちゃいましたが。
次はなんとか、、できるかな??