あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

中学同窓生W君の事

今回は彼の話ではなく、中学時代の同窓生の話です。


去年の5月、中学の時の同窓会に参加したんだけれど。その時、再会したW君。中学生の時に、仲良しで、好きだった人。(と言っても、中学生の時の好き、だからほんのり、淡い気持ちですが。)




W君との再会の様子は、上記2つのブログに書いてある通りなのですが。
とにかく、W君は、とってもストレートに優しい言葉、甘い言葉を言ってくれて、それがとても嬉しかった。W君のリップサービスで、こんな私でも、なんとなく自信がもらえて、勇気が持てた。そんな事をすごく感謝していた。


去年、ちょっとだけ同窓会後にメールのやりとりをしたけれど。
こちらもそんなに積極的にメール書かなかったので、そのまま、3通ずつくらいやりとりして終わっていた。


今年、W君の住む場所で、地震があったので。
ちょっと心配になって、お見舞いメールを送ってみた。


W君以外にも、何人かのお友達にメールしたんだけど、W君からはしばらく返事がなくて。
大丈夫かな?大変なのかな??お仕事が流通系だし、そっちが大変なんだろうな。
別に返事は来なくてもいいけど、元気でいてくれればいいなあ、、って。なんとなく思っていた。


そうしたら、私がメールしてから、1ヶ月後くらいに返事が届いた。


「ご心配頂きありがとうございます。返信が遅くなった事、本当にごめんなさい。
実家は、TVや新聞で何度も写真が登場した「×××」 の斜め前で (×××が、道路を隔てた、向かいの家の塀に倒れて、その家の隣が実家です。) 結構、被害は有りました。
でも、両親は無事で、家の方も修繕完了です。
君のあかあさんも、ご無事で何より!お互い、よかったね!」
と書かれていた。


W君の教えてくれた写真を見たら、、かなり被害が大きかったみたいでびっくり。
一番被害の大きかったあたりなんだ、、。そりゃあ大変だっただろうなあ。


それで、W君に返事を書いた。
実家の被害はそれほどなかった事。でも、大雨の影響で、父の納骨ができなくて延期した事など。


そうしたら、またすぐにW君から返事がきた。


「何時も、あたたかいメールありがとうございます。
お父さん、○○霊園に入られるのですね?あそこは、山々に近く、園内もきれいで、良い霊園ですね。9月は気候が穏やかである事を、お祈りしておきます。


君のメールを読んでいると、君の声が頭の中で聞こえてくるよ。


ありがと。」


W君のメールを読んで、またドキドキしてしまった。
よくよく読んでみると、別に、これといってすごい甘い言葉が書いてあるわけじゃないんだけど。


なんだかね。
いつもこの人のメールにはドキドキさせられてしまう。
彼とは違った意味で。


ただ、それだけの事なんだけれど。
でも、このやりとりで、またちょっとだけ元気をもらえたので。
W君への感謝の気持ちもこめて、ここに書き留めておこう。


いつも、私の、オンナの部分に、ちょっとだけ元気と勇気をくれる、W君、ありがとう。
またいつか、次の同窓会ででも、逢えるかな?その時は、たぶん還暦?くらいで。
マジにおばあちゃんになっちゃってると思うけど、それでも優しい言葉をかけてもらえるように。オンナ磨き、頑張っておくね。