あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

台風

台風21号。
ずいぶん大げさに予報してる?って思ってたけど。予報通り?いえそれ以上の猛威をふるって、本当にびっくりさせられちゃった。
これを読んでくださってる皆さんに被害がなければ良かったのですが、、。


実家では、ひとり暮らしの母がものすごくおびえてて。
ちょうど台風が一番接近していた頃に、母に電話したら、「恐くて恐くて、、。」とひたすらびびっていた。
雨戸は全部閉めたらしいんだけど、一カ所だけ、半分程度雨戸をあけて、ガラス窓から外の様子を見ていた母。
「庭の杉の木が折れそうなの。折れたらどうしよう。もう本当に折れそう、、。」って言うから。
「折れたら折れた時に考えよう。それより、雨戸閉めてないの?折れた木が窓ガラスに当たったらどうするの?」と母に言うと。
「あ、そうだった。どうしよう?今から雨戸しめた方がいい?」って母が聞くので。
「いやいや、今窓を開けちゃダメ!窓から離れて、とにかく家の中でジッとしてよう。ジッと通り過ぎるのを待つしか無いから、、。」って母に言い聞かせた。
こんな時、離れてるのは本当に不安だ。


それでも、なんとか、台風は通り過ぎていって。


庭の杉の木がポッキリ折れちゃったとか。
せっかく地震の後にやり直してもらった屋根瓦が、また飛んじゃった、とか。
多少の被害はあった実家だけれど。
まあその程度で済んでよかったかな。


彼の事も心配だったので、「そちらは大丈夫でしょうか?」とメールしたら。
夜になって彼から返事がきた。


「なんとか、やり過ごせたみたいです。」
「こっちに引っ越してきて、一番の台風でした、はい、ぶっちぎりで。まだ、吹き返してますけど。」
「明かりが一瞬消えるってのが、何度かありまして、停電するかもしれんってことで、夕方まで、PCも使ってなかったんですよ。お袋ってば、懐中電灯と、蝋燭を持ち出してきまして、蝋燭に火をつけるんです。まだ、停電、なってへんで、お袋。すると、曰く、「すぐにつくように」って。懐中電灯は、すぐにはつかんのだそうです。……、??? いや、スイッチ入れてみ、な、すぐついたやろ、な? ……、あれです、スイッチを上手く操作できないことがあるってことなんですよね、これ。」


彼のあたりも、なかなか大変だったみたいなんだけど。
お母様とのやりとりが、なんだかほのぼのしていて、つい笑っちゃった。
お母様、懐中電灯のスイッチを、うまくいれられる自信がないから、先にろうそくに火をつけておこうとするなんて、、なんだか可愛らしい。


本当に、彼とお母様って仲良しなんだなあ、、。
ちょっと笑っちゃった。


それにしても、今年は地震だの大雨だの。台風も何個も来てるし。天災が多すぎる。もういい加減、勘弁してほしいなあ、、って思う。なんとか穏やかな秋になってくれますように。