あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

感謝

一つ前のブログ。
「心の傷」を読んで、私の事を心配してくださって、いろいろコメントくださった皆さん、ありがとうございました。
私は、いろんな人と、この場所に助けていただいてるなあ、、だから私は元気でいられるんだなあ、、って。感謝の気持ちでいっぱいです。


今週、彼女からまた深夜に電話があったので。
その事を彼に、またメールしてしまった。


そうしたら、彼はすぐに返信をくれた。
もしかして心配かけちゃったかも、、。彼にも申し訳ない事をしてしまった。


「貴女が、彼女に対してどこまで関わるかは、貴女の気持ち次第でしょうけれど、関わる以上、理不尽な気もしますが、それなりの責任が生じてしまいます。善意だけでは、済まなくなったら、……、というのが、御主人を始めとする方々の懸念の、少なくとも、一つではないでしょうか。「うつも、うつる」なんて話もありますし。」
「深夜に電話なんてところから、僕も、医者に診せるべき案件と思いますが、それを伝えるのは、そして、病院へ連れて行くのは、まずは、彼女の御家族である筈。貴女は、それを遂行すべき人達の候補に入っていますか? たとえ、入っていたとしても、優先順位は、ずっと、ずっと、低位の筈では? 彼女の御家族が、事態に気付いていないなどといったことは、ちょっと考え難いのですけれど、……。」
「僕には、一般論しか言えませんが、深夜に、電話で、叩き起こされるというのは、充分に、迷惑の範疇です。心理的平衡を失っている、と思えばこそ、心配が先立っているのです。」


というような事をいろいろ書いてきてくれた。
彼は私の事をすごく心配してくれてるみたい。
それはとっても嬉しい。
だけど、忙しいのに、彼にまで負のパワーを伝染させちゃったかも、、と。
心配かけてしまった事を、とても申し訳なく思っている。


もうこれ以上、彼に迷惑をかけないようにしなくては。


でも、心配してくれた事はとってもとっても嬉しかった。
これからまだ、いろいろあるかもしれないけれど、なんとか頑張って乗り切っていこう。