あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

ちょっとした言葉


今の私と彼とは、メールのやりとりがほぼすべて。だから、メールに書かれてる言葉だけのつきあいなんだけど、でもそんなメールの中のちょっとした一言にぐっとくる時が有ったりする。


この前彼がくれたメール。
朝の通勤時の様子をいろいろ書いてくれてたんだけど、車窓から見える景色について教えてくれてて。
“○○辺りから見えてくる△山も、いい感じの雪化粧に。東山魁夷さんの画題になってもよさそうな風景でした。ごめんね、写真、撮れなくて。”


ごめんねって、、。あやまらなくていいのに~。別に写真撮るのは約束でもなんでも無いし。
でも、この「ごめんね、写真、撮れなくて。」っていう一言がなんか心の中でじ~んときちゃった。彼の優しさがすごく伝わってきて。なんだかちょっと嬉しかった。


電車の中から窓越しに見える風景がすごくきれいでも、そこから窓ガラス越しに携帯で写真撮ったってきれいに撮れるわけないし。そもそも混んでる車内で携帯で写真撮ってたら怪しいって。撮れない事くらいわかってるよ~。


でも、彼の見た景色ってこんなのだったのかなあ、、って。心の中でちょっと想像してみた。心の中で思い描くだけでちょっと心の中がじんわり暖まった気がする。


「今年は雪が多くて、まだまだ雪だから週末はまた引きこもり。でもまぁ、5月○日には、きっと、暑いくらいに、暖かくなってるよ。」という彼の言葉にもじ~んときた。


5月○日は、私たちが次に会う約束をしている日。彼もその日を楽しみにしてくれてる、、のかな?とりあえず、その日をめちゃめちゃ楽しみにしている私を気遣って、そんな言葉を送ってくれたのが本当に嬉しかった。


メールだけ。言葉のやりとりだけの私たち。電話さえできないし。会えるのもまだまだ先の5月。
だけど、こうやってちょっとした言葉のやりとりの中での、彼の優しい言葉が、なんだかすごく幸せに感じたりする。高望みしないで、ちょっとした幸せを大事に抱きしめていこう。