あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

彼を探す

彼が20歳の誕生日に送ってくれた手紙を読み返してみて、今頃その時の彼の気持ちに気づいてしまった私。
もう今さら、どうしようもないんだけど、でも今なら笑って会えるかも、、と思ったりして。
彼にどうしても会ってみたくなった。
彼からしたら、今さら私なんかに探されたってきっと迷惑だろうなあ。でもどうしても会いたくて。
彼の今の連絡先を知っていそうな、高校の同窓生に連絡をとってみたら、案外すんなり彼の住所がわかった。
今さら連絡してどうするのよ?あれからもう30年もたってるのに、、という気持ちももちろんあった。でも、最近友人が亡くなったという事もあって、「思った時に連絡しないと、、、。私だって急に亡くなるかもしれない。明日死んじゃうかも?だとしたら、やっぱり会いたい人にはどうしても会っておきたい!」なんて、自分勝手な理屈で自分を納得させた。
彼に、手書きの長い手紙をしたためて投函した。30年ぶりに手紙を発見して読み返したらすごく懐かしくて、だから手紙を書いちゃったんだけど、どうしてますか?私はこんな風に生きてますよ、、というような内容の手紙。
自宅に送るのはちょっとためらいがあって、勤務先に手紙を送ることにした。
手紙を送ってからしばらく返事を待っていて、「やっぱり返事こないなあ、、。やっぱり迷惑だったかなあ。」なんてモヤモヤしていた。毎日郵便受けをのぞいてた。
そうしたら、1ヶ月後に彼からの手紙が届いた。懐かしい彼の文字!郵便受けでその封書を発見した時は、思わず飛び上がりそうに嬉しかった。