あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

逢ひ見ての のちの心に くらぶれば

彼との逢瀬の前。彼と逢える事をものすご~く楽しみにしていた。

彼と逢ってる時も、ちょっと凹んだ瞬間はあったものの、ずっと楽しくて。
9ヶ月ぶりに彼と逢えて、彼といっぱい話せて。ちょっとだけ彼と接近できる瞬間もあって。すごく幸せだった。それできっと、その瞬間はバッテリーチャージ100%になって、元気になれたはずだったんだけど。


帰りの電車の中では、もう泣いちゃったよ。
寂しくて。
逢えば逢うほど逢いたくなるって、、本当かも。
“逢ひ見ての のちの心に くらぶれば 昔はものを 思はざりけり”
逢った後の方がこんなに苦しくて、こんなに愛しいなんて、、。ただ逢って話しただけなのにね。契りを交わしたわけでもないのに、、この歌の気持ちがなんだかわかる気がして。


3日間の帰省が終わった月曜日。帰る途中、新幹線の車中から、ちょうど見える彼の勤め先の社屋、思わずガン見しちゃった。
今頃あそこに彼、いるのかな、、って思いつつ。
で、車中からメールを書いた。
「土曜日はいろいろありがとうございました。今、新幹線の中で○○駅です。
まだ明るいのでお勤め先のビルがよく見えました。今日は今頃まだ貴方はあそこにいるのかも?なんて思いながらガン見してしまいました。立派な社屋ですよね。」って。


翌日彼からのお返事。
「お楽しみいただけたなら、よろしゅうございました。ラッピング電車も見られましたしね、一瞬だけど。」
そうそう、彼とドライブの最中、私の好きな映画のラッピング電車、たまたまそばを通って偶然見れたのだ。めちゃ嬉しくてテンション上がった瞬間でした。
「僕は、今期は、駅前の本社ビルへの出勤は、火曜日だけなんですよ。ですんで、本社ビルをガン見してくれはったとのことですが、そこに私はいません、状態でして。」
なんだ、、そうだったんだ。今期はちょうど支社に行ってる事が多いみたい。
「8月は、夢花火、ではなく、△△神社で、いいんです? 周り、ほとんど、なぁんにも無いところですよ。もうちょっと北へ行ったら、鰻が旨い店(飲食店ではないかも)があったよ、とは、お袋の言。」


彼も、すでに8月の事をちょっと考え初めてくれてるんだ。
と思うとかなり嬉しくなっちゃった。


8月は夢花火 私の心はすでに夏模様だ。
3ヶ月なんて、たぶんすぐ。
また夏の逢瀬を楽しみに。素敵な逢瀬にできますように。
その事を考えたら、とっても元気が出てきた。