あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

恋はしばらくお休みします

泣きながら、彼への返事を書いた後。ずっと涙が止まらなくて。
旦那に不審がられたけど、「花粉症」で通して。
でも明らかに泣きはらした目。朝、ごしごし水で洗ってみたけど、やっぱり腫れはおさまらず。しょうがないので、そのまま出勤。


朝、職場に着いて、メールチェックしてみたら、彼からメールが届いていた。
朝、出勤前に送ってくれたみたい。いつもこんな時間にメールが来ることはないので、ちょっと驚いた。
さすがに、私のメールの深刻な感じが気になって、早く返信してくれたのかな、、。


彼の返事にはこんな風に書かれていた。


「旦那様を大事になさいませ、と言ってるだけですよ。僕に会うのが、ガス抜きになるなら、それは、それで、悪くはないでしょうし。


 以前、僕のところは、家族の仲がいい、なんて仰ってましたが、僕としては、家族って、そういうもんじゃないの? って思います。そりゃ、時には、喧嘩だってしますが、譲り合いや思い遣りなんてものを学ぶのは、基本的に家族を通じてじゃないかなって。本当の意味で甘えられるのも、家族ですよね。


 そりゃ、こんなことを言っていられるのも、両親が、今のところ、それなりに健康だから、僕の生活への影響も少ないから、とは、言えるでしょう。両親が二人揃って認知症、なんてことになった日には、おちおち、仕事どころか、眠ってもいられません。


 それでも、なんです。積み重ねてきたものがあるでしょう? 貴女も、旦那様と、例えば、△△国まで、お行きになったのでしょう? (←私がかつて、旦那と二人で海外赴任した国。言葉もできなくて苦労したって、彼に話した事があるので、、。)
それは、ただ、積み重ねただけじゃなくて、成し遂げてきたことなんですよ。希望は永久に人間の胸に湧く。それが、一人だけのものでは終わらないのが、家族の素晴らしいことの一つだって思います。


 そんなに深刻に考えないで、旦那様を誘って、お二人で、あちこち、遊びに行ってもいいんじゃないですか? 僕に会って、高校時分の気持ちが蘇るなら、旦那様と出かければ、結婚当時の気持ちも蘇りませんか?」


なんて彼らしい、マジメで優しいメール。
最後に、8月には会いますよ、、って書いてくれていた。
ホッとした。


でも、彼にきっぱり一線を引かれてしまった事は確かで。
この前逢ったばかりなのに、もう逢いたいです、、。なんて書いた事に対しての答えが「旦那さんと仲良くしてください。」だから。
貴方と一緒にいろんな所に行きたいって言った事に対する返事が「旦那さんと出かけてください。」なんだから。


これ以上、私の気持ちを彼にぶつけるのは絶対ダメ、という事で。


今の気持ちはしばらく封印して、良い友人として彼に会うように努力しよう。
恋心は封印。つらいけど。
でも逢えなくなるよりはずっとマシだって、、身にしみた。


大騒ぎして、心配かけて、申し訳なかったです。
暖かいコメントをたくさんいただいて、本当に嬉しかったです。ご心配おかけしました。


しばらく恋心は抑えて、友達として、ではありますが、彼との細い糸は繋がりました。
ありがとうございました。


でも、、ブログどうしよう。
もともと片想いだけど、、恋心まで封印してしまったら。ブログに書くこともなくなってしまうかも。どうしようかなあ、、。
そちらも様子みながら、少し考えます。