あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

旦那のツッコミ

ここのところ、私は兄と、いろいろ実家の事で揉めていた。ちょっと先週末に頭にくることがあり、どう対処したものか、私は旦那に相談した。
そして、行きがかり上、兄とのメールのやりとりを旦那に見せる事になり。PC上で、Gmailを開いて旦那に見せたんだけど、、。


や、、やばい!その兄とのメールの前後にいくつか彼とのメールが!
もちろん中身は見えないけど、ヘッダのところに彼の名前が出てる。
日頃彼とのメールのやりとりは、職場のメールアドレスにしていて、それは夫の目に触れないようにしているんだけど。逢瀬の前後などの携帯でのやりとりは、Gmail。
ずらっとメールの一覧が並んだところに彼の名前が出てるメールがいくつか見えた。
最近全く彼の名前を家では口にしないし、メールをやりとりしているのは内緒にしている。逢っている事ももちろん、旦那には一言も言っていない。


兄のメールを開いて、「ほら、私はここでこう書いてるでしょ。これは何も間違った事言ってないよね?」等々、旦那に説明しつつも、ちょっと、さっき見えちゃったかも??の彼宛のメールのヘッダが気になってドキドキ。


結局、旦那と相談した結果、旦那のアドバイス「名を捨てて実を取れ」の言葉通りにした。旦那が教えてくれた通りに、兄の面子を立ててとりあえずメールで謝罪したら、どうにか事は一応丸く収まって。
やっぱり旦那は頭が良いから、こういう時頼りになる、、って思っていたんだけど。


Gmailを開いていた時には、何も言わなかったのに。


月曜の朝、私にLINEでこんな事をサラッと書いてきた。
「土曜日、Gmailの一覧を拝見したときK君のヘッダもあったけど、彼は相変わらず元気なのかねえ。」って。


ひえ~!!!
やっぱり見てたんだ。
しかも土曜日に見ていたのに。日曜日も一日一緒に過ごしていたのに。その時は何も言わず、月曜の朝にLINEしてくる??
思わず通勤電車の中で胸がドキドキして、呼吸困難になりそうだった。


一応私はこう返事した。
「K君には台風の時メールした。特に被害は無かったようだけど、元気みたい。地震の時はしばらく△△線に閉じ込められたらしいけどね。」


あくまで、台風や地震の時にお見舞いメールを送っただけだよ、、という言い訳をこめた返事。
災害がいろいろ有ったので、その時に、実際私は地元の友人達にあちこちお見舞いメールを送っていたので。その事は言ってあった。
ただ、彼にメールした事については言ってなかったんだけど、、。


「そうかあ、○○神社も、まあ、いろいろあるだろうねえ。」と旦那の返事。
○○神社とは、旦那が彼につけてるあだ名。私が、最初に彼に再会した時に一緒に行った神社の名前。その時は、ちゃんと旦那にことわって彼に会いに行ったので。それ以来、彼の事を、旦那は○○神社と呼んでいる。


胸の動悸がおさまらないけど、とりあえず話題変えなくちゃ、、と。
「こっちは今少し日が差してる」
「不思議な天気だねえ」
などなど、お天気の話題に転換したけど、しばらく既読スルーだった。


やっぱり、、旦那に秘密にしておくのって難しい。


私のスマホは、設定から何から全部旦那がやってくれてるし。その気になればGmailだって、勝手に読むことも可能。
まあ、それはやらない人だと思うけど、、。どうしようかな。
彼からのメールについては、待ち合わせの事以外は、特に見られても何も問題の無いような、色気のかけらもないメールなんだけど。
あ、でも私からのメールはちょっとまずいからやっぱり消しておこう。残念だけど。


まあ、、旦那にばれたとしても今のところ何の問題もないような間柄なんだけどな。
ただの茶飲み友達。
他の同級生の女友達と会ってるのとたいして変わらないんだけどなあ。
会って、お昼一緒に食べて、おしゃべりして、ちょっと神社にお参りするくらいの間柄。特に問題ないはずだけど。
問題になるとすれば、黙って会っている事くらいなんだけどな。
そして、まあ、一番の問題は私が彼を好きな事。
でも、今は敢えてその事は、口にしないし、胸に秘めているだけ。


全然問題ないよね。


でも、自分自身の気持ちが後ろめたいので。
思わず大慌て。すごく焦っちゃった。
バカだな、私ってば。





満月

相変わらず、彼からのメールはなかなか来なくて。


私自身も今、結構いろんな事が忙しいのと、気力もいまひとつ、なので、こちらからもメールをなかなか送れなかった。


こんな風に、私からもメールを送らなかったら、きっと自然消滅しちゃうんだろうなあ、、。なんてクヨクヨ考えてた。
もしかして、彼からメールが来ないのは、私とのメールに飽きたからなのかな?と思ったり。自分も疲れてると、ついつい気持ちが後ろ向きになっちゃう。


「忙しい時はメールなんて気にしなくていいから。私は私のペースで勝手に送ってるんだし。返事とか気にしないでね。」なんて偉そうに言ってた私。でもやっぱり、あんまり返事がこないと凹んじゃうんだよなあ。最初からそんなもんだ、ってわかってたのにね。


先週、満月の夜空を見上げたら。
月が本当に綺麗だった。
彼も同じ月見てるのかなあ、、って思って。
やっぱりメールを書きたくなって彼にメールした。
「昨日は満月でしたね。
ここ数日、月がとっても綺麗に見えていました。貴方もそちらでご覧になったかな?秋の夜空、とても美しいですよね。」と書いた。


そうしたら、土曜日の早朝に彼から返事がきていた。時間を見ると朝5時。
お休みの日なのに早起きしたのかな?それとも、またプログラムを書いてて夜が明けちゃったのかな、、。無理してないといいけど。


彼のメールには、こんな事書かれていた。


「少々、御無沙汰しておりましたが、色々、ちょいとばかり、立て込んでまして、こう、何と申しますか、メールを書く心理的な余裕が無くて、えぇ。あんな企画書、書くんじゃなかったとかね。まぁ、後悔先に立たずというヤツです、はい。」


やっぱり忙しかったんだなあ。彼。
一応、私の事を忘れてる訳ではなかったんだ。間があいちゃってる事をほんの少しは気にしてくれてたんだな。それだけでちょっと嬉しい。


彼も月は見ていたみたい。月についてはこんな風に書いてた。
「えぇ、いい月で。こちらだと、湖に長く映る月影も、なかなかの風情で。」


遠距離だし。なかなか会えないし。メールも途切れがちだけど。
それでも空はつながってるんだなあ。そして、同じ月を見て、同じように美しいって思えるなんて。それだけでやっぱり、だいぶん幸せかも。十分すぎるとはいかないけど。


彼からのメールの最後にこんな事が書かれてた。


「××(とあるイベント)でベース弾くんですけど、今のところ、コード進行、確認できただけ。う~ん、どうしよう。弾いてる振りだけとは、いかんし。何か、金髪のかつらかぶれとか言われてるし。でも、そんなんやんねやったら、真面目にやらんと、おもろない、思うで。かぶったっちゅうインパクトだけではなぁ。」


えええ??今年は、あのイベントのライブで、金髪のかつらをかぶちゃうわけ??
金髪をかぶった彼なんて、、想像しただけで大笑いしちゃった。
それまでのメールの中身が吹っ飛ぶくらい衝撃の一言なんですけど。笑


画像送って~!!!!ってソッコーお返事でお願いしたけど。
送ってくれるかなあ。


急に元気になっちゃう私。本当に現金だね。





秋の夜長にいろいろ想う

秋になって、私自身もちょっとあれこれ仕事が忙しくなり。
おまけに、実家関係でいろんなトラブルがあったりした。


台風の被害にあった実家の修理の事で、心労が重なった母は帯状疱疹になってしまった。ひとり暮らしで帯状疱疹はかわいそうだなあ、と思うけれど、気軽に家に見に帰ることもできず。毎日電話するんだけれど、どうにもこうにも自分の気持ちまで落ち込んでしまい。
おまけに、兄とはいろんな事でちょっとした諍いや気持ちのすれ違いもあって、仲違い。かなり気分的には追い詰められた感じになっちゃった。


私って本当に弱い人間だ。
お金的にも貧乏だから、母を経済的に助けてあげる事もできないし。
気持ちは塞がって、なんだか夜も眠れない感じ。
でも、、なんとか乗り越えていくしかないんだよね。落ち込んでる場合じゃない。


いろんな愚痴や、つらい気持ち。
今回ずいぶん夫に聞いてもらい、アドバイスしてもらい、夫の父にも助けてもらったりした。去年はいろいろ有ったけど、今年はずいぶん夫にいろんな事を助けてもらった。
そんな時は、本当に感謝しかなく、家族ってありがたいなって思う。


そして、私って何やってるんだろう、、と自己嫌悪もたびたび。


彼の事を心の中で想っているだけなんだけどね。そもそもただの片想いだし。
片想いだけれど、心の中に想っている人がいる。それだけで少し元気になれる。
そのくらいは、、許してもらえないかな。それもダメなのかな。


彼に、ちょっとだけ愚痴メールを書いた。あんまり愚痴ばっかりもなあ、、って思うから。いろんな事の3分の1くらいにしておいたけどね。


本当は、なるべく楽しい事を書きたいな。できることなら。


来年、5月には本当に10連休になるのかな?10連休になったら、ちょっと実家にも帰ろうかと思うし、その時は逢いに行ってもいいかな?って。それもメールに書いて送った。


彼も忙しいみたいで、この頃なかなかメールがこない。
それも私が凹む大きな原因の一つなんだけど。
だからってメールくれってワガママも言えないしね。


日曜日の夜。
何度もメールチェックして、「やっぱりメール来てない、、。」って泣きそうになっていたら。ようやく深夜、11時半頃に彼がメールをくれた。


久しぶり、いろんな事を書いてくれてて。長いメールだった。
最後の方には、5月の事も書いてあった。


どう考えても、彼は、仕事が10連休なんてなるわけないらしく。


「10連休って、27~6日ってことですよね。うちの職場は、30日(火)と2日(木)を、休みにする理由、無さそうですけど。」
「29日や1日が、通常勤務になっても、ちっとも不思議に思えねぇ。……、う~ん、29日と6日のどちらかは、通常勤務になりそうな気がしてきました。ただ、流石に、3~5日を無視、ってことはないでしょうから、時間はとれる、とは思います。でも、まぁ、その頃になってみないと。」


一応、彼、カレンダーとにらめっこして、どうなるか考えてくれたんだ。
頭ごなしに無理って訳じゃなく。
時間が取れそうなら逢いに来ても良いよ?って事かしら。
素直に嬉しい。


3月も5月も、、ってなると。
ちょっと多過ぎ?って言われちゃうかもなんだけど。
まあ、どうするかは。もうちょっと暖めておこう。


今年はもう逢えないけど。来年の逢える日の事を考えるだけで、ちょっと元気が出てきた。
ありがとう。嬉しい。