あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

ちょっとどんより

先週はいろんな事があって、ちょっと気分もどんより。へこみがちだった。
そんなどんよりがますますひどくなるような出来事があった。
まあ、自分が悪いんだけどね、、。


この前、ブログに書いたプチ同窓会。どうしようかなあ、、って思って。
彼に聞いても無駄だけど、、と思いつつも、ついつい彼にメールでその事を書いちゃった。


以下、私の送ったメールの抜粋。
「どうしようかな、と今激しく迷い中。誰が来るのかはっきりわかんない、、っていうのも有るんですけどね。でも、数人、卒業以来会ってない、すごく懐かしい人の名前も見えたりして、ちょっと会いたいなあ、、って思うんですけど。どうしようかな。」
「ただ、旦那はこういうの絶対行かないので。行くなら私だけ、ひとりで行くんですけどね。
まず、旦那の許可をもらうのが面倒くさいのと。あと、参加すると、こういうの、だいたいは楽しいから上機嫌で帰ると思うんですけど。私が、外で飲んで楽しそうに上機嫌で帰宅すると、旦那は必ず不機嫌になるので、、。それを考えるとかなり面倒くさいから、もういいかあ、、って思ったり。」
などと、ついついグタグタした事を書いて送ってしまった。


そうしたら、それについて、彼からの返事がきたんだけど、、。見た瞬間、「あ、やばい!私、またやっちまった??」と思って、ドキドキしちゃった。あ~あ。私って本当にアホ。こりない奴。泣。


彼からのメールにはこんな風に書かれていた。
「ご夫婦間のお話には、申すべきことは何もありません。何か言ったところで、無責任ですし。助言できるような経験も積んでおりませんし。「絶対」行かないって理由も解りませんし。でも、お願いですから、仲良くね。」
「僕に限っては、頼まれでもしなきゃ、行かないかなって。大体、人付き合いは苦手で、億劫ですし、僕のことなんざ、忘れてもらって、別段、嫌でもありません。李白じゃありませんが、我を棄てて去る者は、昨日の日にして留むべからず。今日だけで、手一杯。」


夫婦間のそういう事を聞かれたって困る、、って。そりゃそうだよね。
ごめんなさい。
なんだかちょっと冷たく突き放された感じがして、かなり凹んじゃった。


最初に彼からのメールを読んで、なんだかドキドキして泣きそうになっちゃって。
でも、ちょっと時間をおいて読み返すと、、まあ別に怒ってるわけではないか。
冷たく突き放してるわけでもないか、、。あきれてるだけ?


「お願いですから、仲良くね。」と書いてくれてる。彼の気持ちは結局そういう事なんだろうな。


「我を棄てて去る者は、昨日の日にして留むべからず。今日だけで、手一杯。」って書いてあるけれど。
じゃあ私の存在は、彼にとって何なんだろう?
過去ではなく、現在進行形のフォルダに入れてくれてるんだろうか?
そうだよね。そうじゃなきゃ、メールに返事くれたりしないよね。


でもネガティブな気分の今はすごく沈んじゃった。


だいたい、彼がちょっとくらい妬いてくれないかな?なんてよこしまな気持ちでメールしたので、手痛いしっぺ返しに遭いました。
バカな考えはやめよう。
とりあえず、素直に謝ろう。泣