あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

樂毅 part3

ちょっとしつこいけど、樂毅の話、part3です。


『樂毅』なんて人全然知らなかったし。読み始めは、複雑な中国人の名前に??と、わからなくなって。ページを戻って「この人誰だっけ?」みたいな感じだったんだけど。
途中から、すご~く面白くなってきて、どんどん小説の世界に入り込んじゃった。


中山国滅亡のくだりなんかは、もう読みながらぽろぽろ涙がこぼれちゃって。鼻をすすりながら読んでいた。


もともと、三国志の諸葛孔明とか、銀河英雄伝説のヤン・ウェンリーとか。軍師っぽい人のストーリーは大好きで。
だいたい、私の好みは頭のいい人、なんだよね。まず一番好きなポイントは、頭の良さ。
なので、歴史上の人物やフィクション世界の人でも、作戦を立てる人が好き。
私はアホなので、全然作戦を立てられないので。まあ、突撃部隊ですね。歩兵。


彼も、いろんなところ好きだけど、やっぱり最初に惹かれたポイントは、彼の頭の良さ。そして、いろんな事を知っていて、私に教えてくれるところ。
そんなところに、すご~く惹かれた。


私が旦那が好きになったポイントも、やっぱり頭の良さなんだけど。


ま、それはさておき。


4巻全部読み終えて、彼にまたメールした。
中山国滅亡のくだりでは、ぼろぼろ泣いちゃったよ~。。なんて書いて。


そしたら、彼の返事はこんな感じだった。
「樂毅が、果たして中山の臣であったか? は、実は、解っていないそうです。その前歴は、謎に包まれている……、ってね。ただ、中山滅亡後、趙、魏と移ったことは確かなようですから、ありそうな話、ではあるわけですね。」


え?うそ~!!マジで??
あんなに入れ込んでぼろぼろ泣いちゃったんだけど。樂毅が中山国の臣だったかは謎なの?
そうだったんだあ、、。私、宮城谷昌光さんの思うつぼにはまってたわけね。笑


まあ、そりゃ、紀元前200年とか300年とか、そのあたりの話なんだから、細かい事はわかるはずもなく。そりゃ創作だわよね。
でもその創作に思いっきりはまって楽しめたんだから、ま、いいか~。


もともと西洋かぶれの私は、ここのところもっぱらイギリスやドイツが舞台のミステリー作品をよく読んでいたのに。
突然中国が舞台の時代小説を、夢中になって読んでいるもんだから。
旦那はちょっと不審に思ったらしい。


そんな旦那なんだけど、私があんまり嬉しそうに宮城谷作品を読んでいるから、この前図書館に行ったついでに、宮城谷さんの『呉漢』を借りてきてくれた。
本当は、彼がお勧めの『晏子』を、次に読んでみようと思ってたんだけど。
せっかく旦那が借りてきてくれたので、とりあえず『呉漢』を先に読んでみようかな、、って思ってる。(やっぱり旦那の好意にも配慮しなくちゃね。)


呉漢は、樂毅よりちょっと後の話。
晏子は樂毅よりちょっと前の話で。
時代背景が私の頭の中でぐちゃぐちゃになってきたので。
岩波新書の中国史の本を買ってきて、それを傍らに置きつつ本を読んでいる。
今頃になって中国史をまた勉強する事になろうとは、、。


でもちょっと楽しい。