あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

'18年9月の逢瀬①

行ってきました!彼との逢瀬!
2ヶ月連続で彼に逢えるなんて、まさに奇跡。
最初から波乱含みで、ちょっといろいろ考えちゃうところもあったけれど。
でもとっても楽しい逢瀬ではありました。
記録として残しておきたいので、また長々と書いちゃいますが、適当にはしょって読んでいただけるととても嬉しいです。


さて、今回は最初から波乱含みの逢瀬でした。
なにしろ、彼からの連絡が全くない!こんなに、デート前連絡をしてくれないのは、今までで初めてかも?


前々回のブログ「軽く放置」で、彼のメールが8日間来てないって書きましたが。そのブログをアップした直後に彼からメールがきて。
その時のメールで、一応待ち合わせ時間と場所、解散時間は了解しました、、って事だったんだけど。
その後、また全然メールがこなくて。


私からは、3通メールを送って。「明後日だね。」とか「明日だね。」とか送ってるのに、彼からは全くレスなくて。
本当に逢えるのかなあ、、ってだんだん不安になってきた。
まあ、コースは彼が考えてくれると思うんだけど、それにしても全くレスがないのが気になって。


でも、ダメならダメって言うだろうから、まあ大丈夫かな?と思ってとりあえず朝は早起きし、帰省の荷物と彼へのお土産を持って、家を出た。
行きの特急電車の中から「7:10発の特急電車に乗って、今、○○へ向かっています。K駅で本当にお目にかかれるのかちょっと不安ですが。きっと来てくれますよね。
お目にかかれるのを楽しみにしています。」
と携帯からメールした。


でも返事がやっぱりこなくて。
う~ん。これはどうしちゃったんだろう。
大丈夫なのかな?何かあったのかな?
まあ、、駅で彼を待って、来なかったら電話してみて。今日が無理なら家に帰ればいいだけの事だし、、なんて。電車の窓からぼ~っと外を見て。お友達にメールしたりしながら、ちょっと不安な気持ちをまぎらわせていた。


そうしたら、特急電車を降りる直前くらいにようやく彼から返事がきた。
「返信できてなくて、すみません。K駅で、10:06、お待ちしております。」って。


よかった。ホッとした。
急に来れないとか。そんな事はきっと彼は言わないと思っていたし。そのまま何も言わずに来てくれない、、なんて事はしない彼だと思うけれど。
とにかく、何の連絡もなかったのが、やっぱり不安だった。


特急電車を降りて、乗り換えの電車に乗り。彼の待つK駅へ。
改札口を出て、キョロキョロ見回すと、いた!彼の車。
ちゃんと待っててくれた。


ふ~。ホッとして、彼のもとへ走った私。今回はちゃんと車道も確認して。
車に乗り込んだら、彼、最初に一言。
「ごめんな~。」って。謝ってくれた。
「ううん。大丈夫。ちょっと不安になったけど。」って、私が答えたら。
「そんなはずないんだけど、不思議に忙しくて。気づいたら夜中になってて。ついメールもできなくて。」って。
「なんだかついつい熱中してプログラム書いてたら、気づいたら明るくなってきたりね、、。」なんて。
どうやら他にも、仕事以外にも、いろいろ忙しい事や、趣味に熱中してる時間とかもあったみたいで。
なかなか私にメールする時間がなかったみたい。メールくらい、一言でいいのに、、って思うけど。まあ、、そこは、つきあってるわけじゃないし、強制できないしね。
でもこうやって無事に逢えたんだもん。もう顔を見れたら、何の文句もありません。
彼の顔を見たら、なんだか安心して思わずうれし泣きしちゃいそうだった。泣かなかったけどね。


「じゃあ、行こうか。」って。
彼が車を出発させてくれた。そこからとっても楽しい逢瀬の時間がスタートした。


続きます。