あの空の彼方に

長い間封印していた想いが突然復活してしまった、、。消し忘れた想いについて、こっそり書き留めるブログです。

旦那と想い人の話②

旦那にとっての永遠のマドンナYちゃんが、実は数年前に病死していた、、と知った後の話。その続きです。


ようやく、Yちゃんのご兄弟の連絡先を知り、お手紙を書いた。高校時代の友人なのですが、できればお墓参りをしたいので、お墓のある場所を教えていただけませんか?と。


そうしたら、お返事をいただく事ができ、墓地の場所を教えていただく事ができた。
旦那と私の実家のある県に、Yちゃんの眠る墓があるとの事。
Yちゃんと親しかった友人2人も誘って、旦那と私の4人で、8月の帰省時に、墓参りに行った。
墓参りの後、4人で飲みに行き、そこでず~っとあれこれ、Yちゃんの思い出話をした。それも少しは彼女の供養になったかなあ。


Yちゃんは、ちょっと多部未華子に似ていて。特に、『夜のピクニック』という映画に出ていた頃の多部未華子が、高校時代の彼女にそっくりで。
旦那は、『夜のピクニック』のDVDを買ってきて、それを見て、また泣いていたけど、それでもまあ、墓参りできた事で少しは心の整理もついたのかな?
どうなんだろうねえ。


私が友人達にお願いして、昔のYちゃんのスナップ写真を探したんだけど、さすがに持ってる人は少なくて。
それでも数枚、画像を送ってもらったので、旦那にあげた。
今は、旦那が保管していた高校時代の集合写真(Yちゃんも私も、旦那も一緒に写ってる)をリビングに飾っていたりして。そこに時々花を供えてる。


Yちゃんの情報収集をしていた頃。
やっぱり、会いたい人には思いついた時に会っておかないと、取り返しのつかない事になるかも、、と思った私。


旦那は、“生きてる間に、一回だけでいいから彼女に会いたかった”と何度も悔やんでいた。その姿を見てたら、私も、どうしても今のうちに彼に会っておきたい、、と思ったのだ。彼が死んじゃうかもしれないし、私が死んでしまうかもしれない。なんてね、、真剣に思ってしまった。


そんな訳で彼を探して会うことにしたんだけど。


長くなりそうなので、あともう一回だけ続きます。